建設業向け電子契約「DX-Sign」

工事請負契約や注文書・注文請書の電子化を実現
建設・建築業の業務効率を最大化

建設業法改正!“建設業でも契約の電子化が可能に!”
必要となる要件を解説

電子契約DX-Signは、地盤調査、改良で年間34,000件以上の実績がある
グループ会社「サムシング株式会社」とのシナジーを最大限に活かし、
建設業界における様々な契約シーンや書類の電子化をサポートいたします。

建設業界でも広がる「電子契約」
そもそも電子契約とは、工事請負契約で利用する場合の要件とは、
建設業界を取り巻く法規制を踏まえご紹介いたします。

電子契約とは?

インターネット上で完結できる契約手続きだから、
「ハンコ不要」「業務効率向上」「コスト削減」に貢献!

「契約の締結」から「契約書の管理」まで対応。
相手方も面倒な登録手続きなど一切不要。
パソコンやスマホがあれば契約を結ぶことができます。

建設業界における電子契約の今

DX-Signをお勧めする理由

関連情報

工事請負契約書に貼付ける収入印紙の金額

課税文書である工事請負契約書へは印紙税法に定められる収入印紙を貼り付ける必要がございます。
収入印紙の金額は請負代金である契約金額によって以下のように異なります。
・1万円未満(の契約金額) 非課税
・1万円以上~100万円以下 200円
・100万円超え~200万円以下 400円
・200万円超え~300万円以下 1,000円
・300万円超え~500万円以下 2,000円
・500万円超え~1,000万円以下 1万円
・1,000万円超え~5,000万円以下 2万円
・5,000万円超え~1億円以下 6万円
・1億円超え~5億円以下 10万円
・5億円超え~10億円以下 20万円
・10億円超え~50億円以下 40万円
・50億円を超える場合 60万円
このように契約金額によっては高額な印紙代が必要となっております。
電子契約で締結した場合は収入印紙が不要となりますので、
工事請負契約書を電子契約で締結することはコスト削減にも貢献します。
詳しくは以下の資料やコラムもご参照ください。

     

おすすめ資料

     

おすすめコラム

プランを選択

Freeプラン
おすすめ
無料キャンペーン
(Normalプラン)