無料キャンペーン実施中! 無料キャンペーン実施中! 無料ではじめる

電子印鑑|印鑑をラクラク画像データ化

今なら無料キャンペーン実施中!

そもそも電子印鑑とは?

そもそも電子印鑑とは?

電子印鑑とは、かんたんにいうと「印影」 の形を画像データ化したものになります。
※紙面上にハンコを押した際に残った赤い朱肉の跡(あと)のこと。

より具体的に説明すると、普段、紙契約の際にお使いいただく「実物のハンコの印影」をスキャン等をしてそのままデータ化するというよりは、
外部ツールを使い、PC上で赤丸の中に会社名や名前を入力して作成した電子的な印影の画像データを「電子印鑑」として使用するイメージです。

注意したいのは、電子印鑑の場合はクラウド上にデータを残していますので、

当然ながら実物のハンコとは違い実際の紙に押すことはできません。
あくまでも画像データとして電子的な印影を残すことになります。

電子印鑑に法的効力はあるのか?

電子印鑑に法的効力はあるのか?

気になるのは、「電子印鑑」を実際に契約書などで使用したとして、果たして書面に施した捺印と同様の法的効力が保証されているのかという点です。
結論から申し上げますと、電子印鑑自体には法的効力はございません。

法的効力として認められるには「電子署名法」で示す一定の条件を満たしていることが必要です。

ではその一定の条件とはなんでしょうか。実際の法を見てみましょう。

上記をかみ砕くと、「本人による電子署名がされた電子文書であれば真正に成立する(=法的効力を得られる)」ということになります。

よって、一定の条件とは、本人による電子署名がされた電子文書であることです。
「署名」というと、実際に書面にサインすることを想像しますがそうではありません。

電子署名は公開鍵暗号方式という暗号処理を用いることで電子文書の「本人性」と「非改ざん性」を証明するしるしのようなものです。
電子署名については以下もご参考ください。

(参考)電子署名 | 書面への押印に代わる機能)

DX-Signを使った電子印鑑のイメージ


DX-Signの電子印鑑は、用意されたテンプレートをセットする他、テキストから簡単に作成して設置する事もできます。
テキストから作成する場合は、角印風か丸印風かを選ぶ事ができます。
ただし、繰り返しますが法で示す一定の条件を満たしていなければ法的効力は認められませんので電子印鑑自体には法的効力はございません

活用シーンとしては、社内文書で社員が観覧した証明として氏名を残す際など、あくまでも契約書としての見た目上として印を残したい場合におすすめです。

DX-Signを使った電子印鑑のイメージ

<DX-Signを使った電子印鑑の作り方>
印鑑が必要な場合は、DX-Sign内でかんたんにつくることができます。
次の3通りのやり方の中でお好きな方法をお選びください。
1.デフォルトの印影から選択 2.お手持ちの画像をアップロード 3.テキスト入力で作成

①デフォルトの印影から選択

1.デフォルトの印影から選択

②お手持ちの画像をアップロード

2.お手持ちの画像をアップロード

③テキスト入力で作成

3.テキスト入力で作成

なお、DX-Sign以外では、PDFファイルへ直接、電子印鑑を作成することもできます。以下ご参考ください。

<PDFツールを使った電子印鑑の作り方>
PDF内でも電子印鑑をつくることができます。
画面上部の「ツール」>「スタンプ」から作成できます。

Step1 画面上部の「ツール」タブをクリック

Step2 「スタンプ」をクリック

PDFの文書画面にメニューが追加されます。

PDFを使った電子印鑑の作り方

Step3 PDF文書画面に表示された、

上部メニューにある「スタンプ」より「電子印鑑」をクリック

いくつかの電子印鑑パターンが表示されますのでお好みのものを選びます。

※はじめて「スタンプ」を利用する場合は、印面に名前が入っていない状態です。「ユーザー情報」設定画面にて姓名を入力してください。

Step4 電子印鑑を付与したい該当箇所をクリックし押印する

以上の流れでも電子印鑑は作成できます。

しかし慣れるまで操作に手間はかかるのと、法的な効力は得られませんので、電子印鑑機能も備わった電子契約DX-Signがおすすめです。

電子印鑑が使える電子契約をお探しの際、
このような悩みはございませんか?

☑ 導入費用が高いし、使いこなせるか不安。オプション追加で思ったより費用が・・・。

DX-Signは導入費用不要で無料で使える電子契約サービスです。

☑ どんな機能が必要かわからない。プランも複雑で選びにくい。

DX-Signなら充実機能のすべてを利用可能、プラン選びで迷う必要はありません。

☑ 契約締結に使うからセキュリティがしっかりしているサービスが良い・・・。

最新のセキュリティ技術で大切な契約書類をお守りいたします。電子署名法にも準拠した電子契約サービスです

DX-Signをお勧めする理由

導入費用
充実機能
サポート体制

関連情報

ご存知ですか?印鑑の種類

さて、印鑑には活用シーンに応じて様々な種類があるのをご存知でしょうか。ここでは代表的な4つの印鑑についてご紹介します。

①実印
住民票のある市区町村に登録し、公的に認められたハンコです。
ローン組みや保険加入など本人確認が必要な書類には必ずと言っていいほど使われる重要なハンコです。
なお、法人で使う場合は会社実印、法人実印、代表者印と呼ばれ、法務局への登録が必要です。

②認印
荷物の受け取りや社内文書の観覧の印に使われるなど、簡易的な業務に使われるハンコです。
文房具店や100円ショップなどで幅広く販売されておりますので、一度は目にしたことがある方も多いでしょう。

③銀行印
金融機関に登録しているハンコです。
認印と比べると利用頻度は少ないかもしれませんが窓口で預金を引き出すなどお金に関する重要な手続きの際に必要になるハンコです。
なお、法人で使う場合は会社銀行印、法人銀行印と呼ばれます。

④角印
文字通り四角い形が特徴的なハンコです。取引先に発行する自社の請求書や見積書で見かけることが多いです。
なお、法人で使う場合は会社角印、会社印、社印と呼ばれます。詳しくは以下コラムをご覧ください。

(参考)コラム:社印とは?角印や社判との違いを解説

関連情報
関連情報

おすすめ資料

図解!電子署名の仕組み

電子署名が法的効力を担保する仕組みを図で分かりやすく解説!
電子署名について詳しく知りたい方は、まずは本資料をご参考ください。

導入しやすさで選ぶ電子契約サービス「DX-Sign」

導入しやすさで選ぶ電子契約サービス

電子契約サービス「DX-Sign」の特長を詳しくまとめた資料です。
電子契約の導入を検討されている方はまずは本資料からご覧いただくことをおすすめします。

失敗しない電子契約のはじめ方

失敗しない電子契約のはじめ方

電子契約サービスをはじめて導入する際に注意するポイントや確認項目をまとめました。
電子契約の導入で失敗せず運用を開始いただく為の資料です。

はじめての電子契約運用ガイド

【はじめての電子契約_運用ガイド】

電子契約サービスをはじめて運用する際のポイントや、チェックリストをまとめました。
電子契約を導入しスムーズな運用を開始する為におすすめの資料です。

おすすめコラム

電子印鑑に法的な効力はあるか?メリット・デメリット・注意点も紹介

電子印鑑に法的な効力はあるか?メリット・デメリット・注意点も紹介

デジタル化が進む中、書類に電子印鑑を利用する会社も増えました。一方で法的効力があるのか気にされる方もいらっしゃいます。 今回は、電子印鑑の法的効力を中心に解説いたします。

法人印鑑とは?種類はどれくらいある?用途の違いや登録方法を解説!

【法人印鑑とは?種類はどれくらいある?用途の違いや登録方法を解説!】

会社で使われる印鑑ですが、それぞれの役割について何となくでしか知らない方も多いと思います。 今回は、法人印鑑の種類とその特徴、使い方などについて詳しく解説します。

代表者印とは?会社印との違いや作成・使い方のポイントを解説!

代表者印とは?会社印との違いや作成・使い方のポイントを解説!

代表者印は、会社の意思決定にかかわる重要なハンコです。 今回は「代表者印」をテーマに、その特徴や会社印との違い、作成や使い方のポイントについて詳しく解説いたします。

電子契約とは?メリット・デメリットやサービス導入のポイントについて解説

【電子契約とは?メリット・デメリットやサービス導入のポイントについて解説】

オンラインで完結できる契約手続きである「電子契約」。
メリット・デメリットや、実際にサービスを導入するポイントまで詳しく解説!

プランを選択

Freeプラン
おすすめ
無料キャンペーン
(Normalプラン)