無料ではじめる

電子印鑑を無料で作成、契約書やPDFへもフリーで対応

電子印鑑は無料で作成可能

働き方の多様化、リモートワークの導入などに伴い注目を集めた電子印鑑。押印や書類の発送など電子化する事で業務効率を改善できるのが大きなメリット。

そんな電子印鑑を無料で作成できるフリーソフトや無料ツールも様々存在しています。 多くは簡単に作成して画像として電子印鑑を保存できますので、社内用など手軽に電子印鑑を利用したいシーンへおすすめです。

社外用などでは印影に作成者やタイムスタンプなどの情報を保存した電子印鑑の方が相手先への安心感は高いかもしれません。

今回は無料の電子印鑑作成方法の中から、PDFの機能を活用した方法をご紹介いたします。

PDFで電子印鑑を作成する方法

書類を電子化したファイル形式といった印象が強いPDFですが実は便利な機能がたくさんございます。

電子印鑑を無料で作成できるのもその一つ。作り方ですがAdobe Acrobat Readerの「ツール」機能を利用いたします。ツール機能は画面の左上にあるツールタブから選択可能です。

今回は便利なツール機能の中から「スタンプ」を選択します。

スタンプの中から「電子印鑑」を選択します。

するといくつかの電子印鑑のパターンが表示されますので任意の電子印鑑をお好みで選択します。はじめての場合は名前が入っていない状態ですが、次の「ユーザー情報」設定画面で姓名を入力する事ができます。

姓名を入力した状態で設定されている電子印鑑のパターンを見るとお好みのタイプが見つけやすいです。

任意の電子印鑑を選択した後は、PDFの書面のお好みの場所に押印するのみです。

種類によっては日付も付加されてますので社内でのワークフロー決裁用にも活用できます。

押印に利用する名前を変更したいという場合は、「編集」→「環境設定」→「ユーザー情報」と選択いただければ、再度、お名前などの情報を設定する事が可能ですので、書類や相手先に合わせての電子印鑑の変更も行う事ができます。

無料の電子印鑑の作り方の中からPDFのツール機能を活用した作成方法をご紹介いたしました。いかがでしたでしょうか。

普段のExcel(エクセル)やWord(ワード)で作成された文書もPDF変換する事で電子印鑑での捺印が可能となります。フリーソフトや無料のツールを利用せずとも、 Adobe Acrobat Reader の機能で作成できますので汎用性は高いです。

気になる電子印鑑の法的効力は?

契約書に対して電子印鑑を利用したいというケースもあるかもしれません。その場合に気になるのは法的な効力かと思います。

結論としては、電子印鑑があってもなくても法的効力に大きな違いはないのですが日本独特の印鑑という慣習上の信頼性での違いがございます。詳しくは電子契約のコラムでご紹介しておりますので興味を持っていただけましたら合わせてご参照いただければと思います。<追ってリンクを設定する>

DX-Signで締結する際の電子印鑑

DX-Signでは契約を締結する際に・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<追ってリンクを設定する>